歯が痛いのは、むし歯が原因かも知れませんTREATMENT

歯が痛いのは、むし歯が原因かも知れません

歯に痛みがあったり、冷たい物がしみたりする場合は、むし歯が原因かも知れません。そのまま放置し続けていても治ることはなく、進行すれば歯へのダメージはさらに大きくなり、しかも治療費や通院の手間といった負担も増えていきます。そうしたダメージや負担で苦しまないよう、なるべく早いうちに歯医者へ通うようにしましょう。

むし歯は再発のリスクが非常に高いので、一度治療したからと言って安心ではありません。少しでも歯が痛んだり違和感があったりする場合は、お早めに二子玉川の歯科医院「歯いしゃのケンさん」までお越しください。

むし歯の原因

口腔内のプラークに潜むむし歯菌は、食べ物のかすに含まれる糖分を栄養源として酸をつくりだします。この酸によって歯が溶かされてしまうのがむし歯です。

むし歯菌の数
むし歯菌の数
食べかすに含まれる糖分
食べかすに含まれる糖分
歯質・唾液
歯質・唾液
口腔内にむし歯菌が多ければ多いほど、むし歯にかかりやすくなります。 食べかす(糖分)が多ければ多いほど、むし歯菌の酸をつくる働きが活発化し、むし歯になりやすくなります。 むし歯にかかりやすい歯質だったり、唾液の量が少なかったりすると、むし歯になりやすくなります。
虫歯の進行段階と治療法
進行段階 状態 治療
C0
~初期の虫歯~C0~初期の虫歯~
歯の表面にあるエナメル質が溶け始めている状態です。一部、歯の表面が白っぽくなりますが、自覚症状はありません。 毎日の歯みがきやフッ素塗布の処置などによって、進行を食い止めることができます。
C1
~エナメル質のむし歯~C1~エナメル質のむし歯~
C0 よりもむし歯が進行してしまっている状態です。黒ずみが現れ、冷たい物や甘い物がしみます。 むし歯の部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療を行います。
C2
~象牙質に達したむし歯~C2~象牙質に達したむし歯~
むし歯がさらに進行し、象牙質に達した状態です。冷たい物や甘い物だけでなく、熱い物もしみるようになります。

むし歯の部分を削り、詰め物による治療を行います。

銀歯が気になる、という方はこちら
C3
~神経に達したむし歯~C3~神経に達したむし歯~
むし歯が神経にまで達してしまった状態です。口に何かを含まなくても、常に激しい痛みが生じます。 むし歯に冒された神経を取り除いて消毒した後、薬剤を詰め、被せ物を装着する根管治療を行います。
C4
~歯根に達したむし歯~C4~歯根に達したむし歯~
むし歯が歯根に達した状態です。神経は壊死してしまっているので痛みは一時的になくなりますが、その後、再び激しい痛みに襲われます。 抜歯による治療を行います。抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントといった、歯の機能を回復する治療が必要です。

歯を抜かなくてもできる根管治療

歯を抜かなくてもできる根管治療

歯科治療において、抜歯はある意味で「最後の手段」と言えます。なぜなら、抜歯にも手術時の身体的負担が大きい、歯並びや咬み合わせが乱れる、全身にさまざまなトラブルを招く恐れがあるといったさまざまなリスクがあるからです。できれば抜歯は避けたいもの。そのため、重度の虫歯でもご自身の歯(歯根)を残せる可能性が高まる根管治療には大きなメリットがあります。ひどいむし歯の場合でも適用できるケースが多いので、ぜひご検討ください。

根管治療のメリット
抜歯の回避 むし歯の進行を防ぐことができ、抜歯を避けることができます。
痛みをなくす むし歯に冒された神経を取り除くので、痛みをなくすことができます。
根管治療の流れ
1.むし歯部分の除去 1.むし歯部分の除去 むし歯に冒された部分を、専用の器具ですべて取り除きます。

2.消毒 2.消毒 取り除いた部分をキレイに消毒します。

3.薬剤の充填 3.薬剤の充填 消毒が完了し、清潔な状態になった根管内に薬剤を詰めます。

4.被せ物の装着 4.被せ物の装着 薬剤を詰めたらフタをし、その上に被せ物を装着することで歯の機能を補います。

「銀歯は目立って嫌だ」という方には……
審美歯科

当院が行うこだわりの根管治療

根管治療においては、根管内をいかに清潔でキレイな状態にできるかがポイントです。そのため当院では、患者さんに高精度な根管治療を受けていただくために、ニッケルチタンファイルや拡大鏡、超音波スケーラーといった最新の機器・器具を使い、安全・正確な治療に取り組んでいます。

ニッケルチタンファイル
歯根の形状は複雑なので、柔軟性のないステレンレス製のファイル(根管内清掃を行うための細長い器具)では完全にキレイにするのが難しいことも。形状記憶合金でつくられたニッケルチタンファイルであれば適度な柔軟性があるので、むし歯部分の除去を高精度で行うことができます。
拡大鏡(歯科用ルーペ)
拡大鏡は、肉眼では見えない根管内の細部まで目視で確認することができる機器のこと。より精度の高い洗浄・切除が可能です。医師の勘や経験に頼らない、“間違いのない治療”が実現できます。 拡大鏡(歯科用ルーペ)
超音波スケーラー
超音波スケーラーは、根管内の細菌・切除片を毎秒約2万~3万回の細かな振動によって除去できる機器です。これによってより正確な根管内洗浄が行えるので、予後の再発リスクを抑えることにつながります。

親知らずに痛みや違和感があるなら

親知らずに痛みや違和感があるなら

奥歯に痛みを感じたら……、それは親知らずが原因かも知れません。親知らずは歯ブラシが届きづらいため、どうしてケアが行き届かなくなりがち。そのため、むし歯や炎症、顎関節症といったリスクが高くなることもあります。少しでも痛みや違和感がある場合には、お早めに当院までお越しください。

親知らずが原因で起こる痛み
  • 顎の粘膜が親知らずによって傷つけられている
  • 周囲の歯が親知らずによって圧迫されている
  • 親知らずがむし歯になってしまっている
  • 親知らずと歯ぐきの間で智歯周囲炎が起こっている
抜歯が必要なケースと不要なケース
抜歯が必要 抜歯が不要
  • 痛みや腫れが起こっている場合
  • 歯並びに悪影響を与えている場合
  • 変な角度の生え方をしているためにケアが難しく、むし歯のリスクが高い場合
  • 歯ぐきの中に埋まり、神経などを圧迫している場合
  • まっすぐただしい方向に生えている場合
  • しっかり歯みがきによるケアが行える場合
  • 周りの歯に負担がない場合

Pick Up! 妊婦さんの親知らずはお早めにご相談ください

妊娠中の口腔内にはさまざまな問題が起こります。しかし、タイミングによっては麻酔が使えないなどの理由で、治療が行えないケースも。妊婦さんで親知らずに不安をお持ちの方は、できるだけ早く当院までご相談ください。

妊婦さんの歯科治療についてはこちら

むし歯を再発させないために
予防歯科