歯科治療を途中で中断してしまうのは絶対にやめましょうINTERRUPTION

歯科治療を途中で中断してしまうのは絶対にやめましょう

「予定が合わなくなって通えなくなった……」
「痛みが消えたから大丈夫だと思った……」

こうした理由で、自己判断によって治療途中で歯医者への通院をやめてしまう患者さんは意外に多くいらっしゃいます。しかし、治療を中断した状態をそのまま放置しておくと、さまざまな口腔内トラブルの原因となるので非常に危険です。こちらのページでは、二子玉川の「歯いしゃのケンさん」が治療中断のデメリットについてお伝えします。

歯の治療中断で起こる主なトラブル

Case1	歯の神経を取ってからの放置
歯の内部は細菌などに対する抵抗力が弱いので、放置を続けるとむし歯の進行や根管内部の汚染につながります。本来、歯根の治療は痛みがなくなってからも数回は続く長いもの。中断をしてしまうと、歯の寿命を著しく縮めてしまいます。
Case2	被せ物の型を取ったままの放置
お口の中は日々変化するもの。そのため、被せ物の型をとったまま放置をしてしまうと、被せ物がずれて適合しなくなってしまう場合があります。つくり直しとなると追加で費用がかかりますし、せっかくつくった被せ物も無駄になってしまいます。
Case3	仮歯のままで放置
仮歯はそもそも長期的な使用を前提にしてつくられていません。そのため、次第に仮歯がすり減っていき、咬み合わせが悪くなったり、隣り合う歯が寄ってきてしまったりすることも……。また、結果的に再度歯を削ることになり、最悪の場合は神経が残せなくなる場合もあります。
Case4	むし歯部分に薬を詰めたまま放置
薬には鎮静効果があり、まるでむし歯が治ったような気がするかもしれませんが、これはあくまで仮の処置。次第に仮の詰め物も崩れだし、最終的には内部が無防備になってむし歯の進行を許してしまう場合もあるので注意が必要です。
Case5	応急処置をしただけで放置
応急処置はあくまで「応急」のものです。一時的に腫れや痛みが緩和するかもしれませんが、原因は残ったままで改善されていないので、放置を続ければ症状が悪化してしまいます。トラブルは根本から解決しなくては意味がありません。
Case6	抜歯と言われた歯を放置
親知らずやむし歯といった「抜歯が必要な歯」を放置しておくと、症状がひどくなり、膿や激しい痛みが出る場合があります。むし歯菌が神経に到達すれば、より強い痛みを生じるでしょう。また、口だけでなく全身に悪影響がおよぶこともあります。

通院しづらくなってしまった方へ

通院しづらくなってしまった方へ

何か事情があって治療途中に通院をやめてしまった場合、気まずさなどもあって歯医者へ行きづらくなってしまうケースがあるかもしれません。しかし、他院に行ってしまっては初診からのやり直し。同じ歯医者で治療を再開すれば、検査や治療のデータを活かすことができますので、無駄なくより適切な治療を受けられます。患者さんそれぞれに事情があるのは歯科医院としても承知の上。ご予約時間などには柔軟に対応しますので、どんな場合でもまずは「健康最優先」でご相談ください。

Pick Up! 小児治療の場合は中断もひとつの手?

Pick Up! 小児治療の場合は中断もひとつの手?

子供の歯科治療はお口だけでなく、心のケアにも気を遣う必要があります。もし一度でも「歯医者は怖い場所」というイメージが付いてしまうと、お子さんの将来的なデンタルケア意識にも悪影響を与えるでしょう。そのため、当院では嫌がる子供に強引に処置をすることはしません。その場合はいったん治療を中止し、まずは歯医者に慣れてもらうことからスタートするようにしています。

当院の小児治療についてはこちら